よくある質問会社案内採用情報サポート窓口お問合わせ

北欧専門旅行会社・フィンツアー

オンラインパンフレット パンフレットをご希望の方 ツアー申込書 ご来店をご希望の方へ

HOME>タンペレのツアー一覧|フィンランド観光特集

特集

フィンランド

現在フィンランド第三の都市タンペレ市の人口は約215,000人。ナシヤルヴィ湖とピュハヤルヴィ湖という2つの湖に囲まれ、森と湖の国フィンランドにふさわしい落ち着いた雰囲気の街。市の南北に位置する二つの湖の高低差を利用した水力発電により紡績業や機械工業が盛んで、かつてはフィンランド随一の工業都市として栄えました。赤レンガ造りの重厚な工場跡地は、現在では文化施設やレストランなどに変わり、劇場や音楽などのアート・イベントも多く開催される文化都市となっています。森と湖を体感できるクルーズ船シルバーラインは、タンペレからハメーンリンナへ続いています。ヘルシンキからはタンペレ行の列車も頻繁に出ているので、ヘルシンキを起点にワンディトリップも可能です。

ムーミン谷博物館についてはこちら

タンペレ大聖堂
タンペレ大聖堂

中世建築のような豪壮な外観の教会がタンペレ大聖堂。アールヌーヴォーの影響を受け、20世紀初めに流行したナショナルロマン主義を代表する建築です。教会内にはヒューゴ・シンベリがデザインしたステンドグラスと天井のフレスコ画、マグヌス・エンケルによる聖歌隊席のステンドグラスと祭壇のフレスコ画が掲げられており、それぞれじっくり鑑賞したくなるような見事な作品に仕上がっています。

フィンレイソン・コットンミル・エリア
フィンレイソン・コットンミル・エリア

フィンランドを代表するテキスタイルメーカーであるフィンレイソンは1820年にタンペレで創業しました。現在、かつてのフィンレイソンの工場跡地はアトリエやカフェなどに生まれ変わっています。この地下には、スパイ博物館もあります。タンペレには、ここ以外にも川沿いの工場地跡を利用し靴やアイスホッケーなど複数の博物館施設のヴァプリーッキ、集合住宅を保存したアムリ労働者住宅野外博物館、レーニン博物館などの見どころも。

おいしいもの
おいしいもの

アタンペレ・マーケット・ホーは1901年にオープンしたフィンランド国内有の歴史ある室内マーケットホールの1つ。約40店舗が所狭しと並んでいます。ここへきたらぜひ味わっていただきたいのが、タンペレ名物黒いソーセージ(ムスタマッカラ)!見た目はびっくりしますが、臭み消しのベリーと一緒にどうぞ。

「フィンランドで一番美味しい」と言う噂のドーナツもタンペレで食べられます。人気のドーナツはプーニッキ展望タワーの中にあるカフェで売られています。

〒108-0014
東京都港区芝5-13-18 いちご三田ビル 9階
月〜金 9:30〜18:00
第2・4土曜日 9:30〜12:00(電話のみ)
  12:00〜16:00(事前予約優先)
休日 上記以外の土曜日・日曜日・祝日
お問合わせはこちら
メールでのお問合わせはこちら