ラスト・ディール 映画の舞台ヘルシンキと肖像画の鍵ストックホルム5日間

映画「ラスト・ディール」タイアップロケ地ツアー

旅行代金
269,000円
出発日
10/6(火)
出発地
羽田・成田・関空・名古屋
日数
5日間
  • Photo by Cata Portin

  • last_deal_ekberg2

  • last_deal_astoria_hall

  • last_deal_old_church_park2

    オーロラ

  • Millesgarden_2_photo Yanan Li mediabank.visitstockholm

    映画の鍵となるミレスゴーデン彫刻庭園

添乗員
ツアーポイント

    ● 2020年2月公開の映画「ラスト・ディール」公開記念タイアップロケ地ツアーです。
    ● 映画のロケ地をご案内!宿泊やお食事も映画に関連する場所をご用意しております。
    ● 参加しやすい5日間の日程で、映画の鍵となる「ミレスゴーデン彫刻庭園」を含むストックホルムの街をご案内するプランと、ヘルシンキでフリータイムを満喫するプランをお選びいただけます。
    ● 帰国便は羽田(または関空)着の深夜便利用で、現地最終日もたっぷり滞在をお楽しみいただけます。

訪問都市 ストックホルム ヘルシンキ 
ツアーコード FP0550STO
日付スケジュール宿泊地食事
DAY
1

成田・名古屋・関空【午前】 ヘルシンキ【午後】

空路、直行便でヘルシンキへ。老美術商の娘と孫の暮らすヴァンター市を通り、ヘルシンキの観光名所をめぐりながらホテルへ。お泊りは多数の画廊の集まる中心エリアです。

ヘルシンキ ×
機内
×
DAY
2

ヘルシンキ滞在

徒歩、ヘルシンキのロケ地巡りにご案内いたします。アテネウム美術館、オールドチャーチ・パーク、アストリアホール、中央駅、バーガーキングなどへ。昼食は主人公の老美術商が愛するカフェ・エクベリにて映画の雰囲気とともに。お夕食は肖像画の売買シーンで登場した近代的ラグジュアリーホテルにてご用意しました。

ヘルシンキ

DAY
3

ヘルシンキ【夕刻】

夕刻の出発までフリータイム。
美術好きな方は、キアズマ現代美術館、シネブリュコフ美術館、HAM ヘルシンキ市美術館などへ。フィンランドデザインに興味のある方は、マリメッコ、アラビアイッタラ、アルテックなどのショップ巡りへ。お昼は、映画にも登場した中央駅構内のバーガーキングがおすすめです。夕刻、ヘルシンキ港よりバルト海の船旅へ出発します。お夕食は船内でお召し上がりいただきます。

船内泊
×
DAY
4

【朝】 ストックホルム【夜】

名前を失くした肖像絵、画家特定の鍵を握るストックホルム郊外のミレスゴーデン彫刻庭園へ。ストックホルムの観光名所をめぐりながら空港へ。
空路、ヘルシンキ乗継ご帰国の途へ。

機内
×
×
DAY
5

羽田・関空着【夕刻】

機内
機内
×

※上記のスケジュールは現地の事情や荒天などの事由により変更となる場合がございます。

旅行代金
2020年10月6日(火) 269,000円
一人部屋利用代金36,000円(3泊) 早割(90日前)なし
アップグレードビジネスクラス:400,000円(往復) 空港税こちらをご覧ください
最少催行人員8名様 利用航空会社フィンエアー
座席クラスエコノミークラス 食事 朝食 3回 / 昼食1回 / 夕食2回
(機内食除く)
添乗員の有無東京発着のツアーに同行します。 延泊不可
利用予定ホテル

<ヘルシンキ:ソコス・アルバート>

地方都市発着 お問い合わせください
代金に
含まれるもの

・日程内航空運賃(エコノミークラス/変更不可)

・日程表記載の宿泊代金および乗船、船室代金(2名様1室利用)

・日程内記載のお食事、送迎、観光代金

ご注意とご案内

・ 荒天や交通機関、現地事情等の要因により日程が変更となる場合がございます。

・ ツアー代金とともに、燃油サーチャージや空港税等を代行受領させていただきます。

・ 燃油サーチャージは12月16日現在の目安額であり、燃油価格や為替レートにより変動する場合があります。